旧堀田邸

旧堀田邸

旧堀田邸は、最後の佐倉藩主堀田正倫が、維新後東京から佐倉に移り住んだ邸宅です。

平成18年7月5日には、住居部の玄関棟・座敷棟・居間棟・書斎棟・湯殿および土蔵、門番所の7棟が、「旧堀田家住宅」として国の重要文化財(建造物)に指定されました。

旧堀田邸情報詳細

千葉県佐倉市鏑木町274

043−483−2390

担当者おすすめポイント

建物の一部は重要文化財に指定されました
庭園は常時開放され自由に見学できます
当時に想いを馳せる佇まい

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。